【白井田七の正しい飲み方】 いつ何でどのくらい白井田七を飲めばいいか解説!

『白井田七』は漢方の原材料に使われる田七人参が主原料のサプリメントです。
サポニンという成分が血圧低下に有効な作用をもたらします。

さらに、血圧低下以外にも『白井田七』に含まれる数十種類の栄養成分が強力に健康的な体づくりをサポートしてくれるでしょう。

高血圧はもちろん、生活習慣病や老化防止のために、是非とも試してみたいサプリメントですよね。

では『白井田七』はどのようにして飲むのが良いのでしょうか?
また飲むに当たって気をつけた方が良いことはあるのでしょうか?

『白井田七』は3種類用意されています。
錠剤タイプとお茶タイプ、それに健康ドリンクタイプです。

今回はタイプ別に飲み方や注意点を解説していきます!
正しく『白井田七』を服用して、健康的な体づくりをしていきましょう!

関連記事:白井田七の口コミと効果

『白井田七』はどうやって飲めばいい?

まずは『白井田七』の飲み方についての解説です。
先ほどお伝えしたように『白井田七』は錠剤、お茶、健康ドリンクの3種類があります。

それぞれ飲み方が違いますので、1つ1つ確認してきましょう。

『白井田七』錠剤タイプの飲み方解説

『白井田七』錠剤タイプは、完全無農薬で有機栽培された田七人参を粉末にし、有機玄米をつなぎとして固めたサプリメントです。
原材料として使われている田七人参も玄米も、全てオーガニック栽培で作られているので、安心で安全に口にすることができるでしょう。

飲み方としては、1日に4〜8粒を目安に水かお湯で飲むことになります。
一般的な錠剤と同じ飲み方ですね!

水とお湯ではどっちの方が吸収効率がいいの?

『白井田七』錠剤タイプは水かお湯で飲むことができましたね。
せっかく飲むのであれば、できれば吸収効率の良い飲み方をしたいでしょう。
では、水とお湯ではどちらの方が吸収効率がいいのでしょうか?

実は温かいお湯で飲んだ方が、内臓に優しいので消化吸収が効率良く行えます。

基本的に飲み物は暖かくして飲む方が身体にいいと言われています
その方が胃や内臓に負担がかからないからです。

冷たい飲み物は身体を冷やしてしまい血行を阻害するので、きんきんに冷えた水で飲むのは良くないでしょう。

でも、暑い日に『白井田七』を飲むとしたらお湯で飲むのは辛いですよね。
そんなときは常温の水で飲むと、内臓を冷やさずに飲めるのでお勧めです!

『白井田七』お茶タイプの飲み方解説

『白井田七』お茶タイプは、完全無農薬で有機栽培の緑茶と田七人参が原材料の粉末緑茶です。
飲み方は、粉末にお湯を注ぐだけですので簡単です。

400ccのお湯に1包入れて、よく混ぜると飲むことができます。
ペッドボトルに入れて持ち運ぶ場合は500ccのお湯に溶かしても良いでしょう。

粉末になっているので、このように味の濃さはお湯の量で調整することができます。
子どもに飲ませる場合は1Lのお湯に対して1包を溶かすと飲みやすくなりますよ。

お茶タイプを飲むのに、水で溶かすのではダメなの?

公式サイトではお湯に溶かして飲むと書かれてしますが、水に溶かすことも可能です。
口コミでは、水に溶かして飲んでいる方の「美味しくて、飲みやすい」という意見がありました。

そのため、暑い日に飲むのであれば水に溶かして水筒に入れ、持ち運んでもいいでしょう。

ただ、注意が必要なのは先ほどお伝えしたように、冷たい飲み物は内臓を冷やしてしまうことです。
なるべく常温の水を使うか、冷やして飲む際には飲み過ぎないようにする等、工夫して飲むようにしましょう。

また、お湯で溶かす分にはダマができずに粉末が溶けるようですが、水に溶かす時には粉末がうまく溶けず、ダマができてしまうこともあるようです。
ダマができてしまったら、シェイクをしたり良くかき混ぜたりする手間がかかりますね。

栄養吸収や溶けやすさを考慮すると、基本的にはお湯で飲んだ方がいいでしょう!

『白井田七』甕の飲み方解説

『白井田七』甕は田七人参を黒酢の甕で発酵させたエキスに、美容や健康成分をさらに追加して作られた健康ドリンクです。

ドリンクタイプですので、1包を1回そのまま飲むことができます。
また冷やして飲むこともできますし、充填前に加熱殺菌がされているため温めて飲むこともできることが魅力でしょう。

発酵ドリンクが苦手な場合はどうやって飲めばいいの?

『白井田七』甕は発酵ドリンクなので、風味が人によっては合わない場合があるかもしれません。
口コミを見ても、封を開けた瞬間の漢方独特の香りや黒酢のツンと鼻をさす匂いが気になったという方がいらっしゃいました。

口に含んでみてもそれらの印象は変わらないので、酸味や苦味が苦手な方には少し飲みにくい場合もあります。
飲みにくい場合は冷たくしたり、暖かくしたりすることで自分に合った飲み方を見つける必要があるでしょう。

色々と試してみても口に合わないようであれば、田七人参の成分がさらにたくさん入っている錠剤タイプを試してみてもいいかもしれません。

『白井田七』を飲むタイミングは?いつ飲めばいい?

『白井田七』は健康に向けて飲むものなので、できれば吸収効率の良いタイミングで飲みたいですよね!

では続いて、いつ『白井田七』を飲めば良いのか、飲むべきタイミング確認していきましょう。

公式サイトによると『白井田七』は薬ではないので、いつ飲んでもいいとされていました。
お勧めは栄養の吸収がされやすい空腹時で、食事を摂る30分前くらいに飲むと良いようです。
起床時に飲むことも可能ということでした。

私としては、飲み忘れないように毎日一定の時間で摂取することをお勧めします!
公式サイトの推奨と合わせて考えると、3つのタイミングがありますので細かくご説明しましょう。

『白井田七』を飲むお勧めのタイミング①朝一番

『白井田七』を摂取するお勧めのタイミングの1つ目は朝一番です。
先ほどお伝えしたように、公式サイトでも起床時に飲んでもいいとされていましたね。

あなたは朝起きてから、寝起きに一杯の水を飲む習慣がありますか?
人は寝ている間に平均で500ml、多い時で1ℓもの水分を汗として消費していると言われています。

そのため、寝起きに水を飲むことは健康のためにも良いことなのです。
朝一番に水を飲むタイミングに合わせて『白井田七』を摂取することで、水分補給と栄養補給の2つを同時に行うことができますよね。
寝ている間に胃の中は空っぽになっているので、栄養素の吸収効率も良いでしょう!

朝一番の水分補給が水では味気ないと思う方は、お茶タイプや健康ドリンクタイプを利用してもいいですね!

『白井田七』を飲むお勧めのタイミング②夕食前

『白井田七』の摂取タイミングで2つ目にお勧めなのが、夕食前です。
夕食前であれば、自宅で食べることが多いですよね。
そのため、飲み忘れなく飲み続けることができるからです。

これを昼食前にしてしまうとどうでしょうか?
昼食は仕事をしている方であれば外で摂ることが多いですよね。
また仕事をしていなかったとしても、日中は何かと用事があり外出をする日が多いものです。

外出をするのに『白井田七』を持ち歩くのは手間ですし、持ち忘れてしまう可能性もあります。
また昼食は忙しくて摂る時間もバラバラになりがちでしょう。

ですので、ご飯のタイミングに合わせるのであれば夕食前に合わせるのが一番良いです。
自宅であれば、家族と一緒に飲むことで忘れないようにチェックし合うことも可能ですよね!

『白井田七』を飲むお勧めのタイミング③寝る前

『白井田七』を飲むタイミングで3つ目にお勧めなのが、寝る前です。
その理由としては、寝る前に新しい習慣を作ることは、他の時間に比べて簡単だからです。

寝る前にはお風呂に入ったり、歯を磨いたり、着替えたりといった決まったルーティーンがありますよね?
それに合わせることで飲み忘れが防げるのです。

例えば、歯ブラシと歯磨き粉と一緒に『白井田七』を置いておけば、夜寝る前に歯を磨く際『白井田七』を飲んでから歯を磨くといったルーティーンを作ることができるでしょう。

お風呂上がりに飲む一杯の水に合わせて飲んでみてもいいかもしれません。

栄養吸収のことを考えると空腹時に飲むことが推奨されていますが、飲み忘れてしまうよりも継続して飲めることを優先した方が、効果的に栄養素を摂取できますよ!

『白井田七』を飲み忘れた時はどうすればいい?

次に『白井田七』を飲みやすれてしまった時はどうすればいいのか確認していきます。

まず先ほども説明したように『白井田七』は基本的にはいつ飲んでもいいサプリメントです。
そのため、飲み忘れてしまったことに気が付いたら、その時に飲めば問題がありません。

また間違えて1日に2回飲んでしまっても、それほど心配しなくて大丈夫でしょう。
さすがに数回飲んでしまっては栄養過多になってしまいますが『白井田七』錠剤タイプであれば1日に4〜8粒を目安となっています。
このように摂取量に幅をもたせてあるので、例えば4粒を毎日飲んでいたとして、1日に2回続けて飲んでしまっても適正量となるからです。

仮に1回8粒飲んでいる場合でも、急激に体に影響を与える物質は入っていませんのでそこまで神経質になる必要はないでしょう。

『白井田七』を飲み忘れないようにするには

そもそも、飲み忘れのないようにしっかり習慣化することが大切です。
先ほども少し触れましたが、いくつか具体的な対処方法をお伝えしましょう!

『白井田七』を飲み忘れないようにする方法①食事のタイミングに合わせる

飲み忘れないようにする方法の1つ目は夕食前に飲むことです。
食事に合わせて飲むようにすると飲み忘れを防ぐことができるでしょう。

朝食の時は、朝の忙しい時間ですしバタバタとしていることが多いですよね。
飲み忘れてしまう可能性が高いです。

昼食は仕事や学校などで外へ出ているため、外に持ち運ぶ必要があります。
持ち出すことと、飲むことを覚えていないといけないので、飲み忘れてしまう可能性が高くなるでしょう。

そのため、一番落ち着いている夕食に合わせて飲むことがお勧めなのです。

『白井田七』を飲み忘れないようにする方法②家族と一緒に飲む

飲み忘れないようにする方法の2つ目は、家族と一緒に飲むことです。
自分が忘れていても家族の誰かが覚えていれば飲み忘れずに済むでしょう。

また、この方法だと家族にも『白井田七』を飲んでもらうことになりますので、家族みんなで健康になることができます。
この点も家族で一緒に飲むことのメリットですよね。

『白井田七』を飲み忘れないようにする方法③アラームを使う

飲み忘れないようにする方法の3つ目はアラームを利用することです。
今はスマートフォンで簡単にアラームを設定することができますよね。

また、アラームにはメモ機能が付いていることも多いため「白井伝七を飲む」と一言メモを入れておけば、たとえ自分が忘れていてもアラームが教えてくれるので安心でしょう。

ぜひ、試してみてくださいね!

『白井田七』と一緒に摂りたい食品はこれだ!

せっかく『白井田七』を飲むのであれば、なるべく効果を高められる工夫をしていきたいですよね。
空腹時に飲むことで栄養がよく吸収されるため、なるべく空腹時に飲むことがベストですが、その他にも工夫できることはあります。

『白井田七』を試してみようと考える方は、その血圧低下効果を求めている方が多いでしょう。
そのため血圧低下に効果のある食材を一緒に摂取することで『白井田七』の効果を高めることができるはずです。

そこで『白井田七』と一緒に摂りたい食品をお伝えしていきます!

『白井田七』と一緒に摂りたい血圧低下作用のある食品①納豆

『白井田七』と一緒に摂りたい食品の1つ目は納豆です。
納豆にはナットウキナーゼという健康成分が多く含まれています。

このナットウキナーゼを利用したサプリメントもあるくらい、健康に対する効果があるものです。
具体的には、血液の流れをサラサラにしてくれます。

血液の流れが良くなることで、血管にかかる負担が減り、動脈硬化のリスクが高まりますし、血圧低下ができるのです。
またナットウキナーゼは血栓という血の塊を溶かしてくれるため、心筋梗塞や脳梗塞の予防にも繋がるでしょう。

『白井田七』と一緒に摂りたい血圧低下作用のある食品②ほうれん草

『白井田七』と一緒に摂りたい食品の2つ目はほうれん草です。
ほうれん草は健康に良い栄養素を含む食品としてよく知られていますよね。

血圧低下作用のあるカリウムが豊富に含まれていることはもちろんですが、がん予防や視力低下を防ぐことのできるβカロテンという物質も豊富です。

ぜひ、ほうれん草も意識して毎日の食卓に並べてください!

『白井田七』と一緒に摂りたい血圧低下作用のある食品③大豆

『白井田七』と一緒に摂りたい食品の3つ目は大豆食品です。
大豆に含まれるイソフラボンは血圧低下作用があると言われています。

また、大豆にもほうれん草と同じようにカリウムが含まれていて、これも血圧低下に効果がありましたよね。
そして心疾患のリスクを下げる効果のあるマグネシウムも含まれています。
マグネシウムの欠乏は血圧上昇の要因になりますので、摂取することで血圧を上げないことにも繋がります。

大豆を取ることは血圧に良い影響が多いですね!
ぜひ『白井田七』と一緒に摂取をして血圧低下の効果を高めていきましょう!

『白井田七』の正しい飲み方まとめ

今回は『白井田七』の飲み方について詳しくみてきました。

『白井田七』錠剤タイプは水かお湯で飲むことができました。
なるべくならお湯で飲んだ方が内臓に優しく吸収効率が良かったですよね。

また『白井田七』お茶タイプも水とお湯で溶かすことができます。
ただ、お湯の方が溶けやすいですし、水だと内臓を冷やしてしまうことを考えるとお湯で飲んだ方が良さそうでしたね。

そして『白井田七』甕は発酵ドリンクなので、封を開ければそのまま飲むことができます。
ただ、風味が口に合う場合と合わない場合が考えられます。

そのため、冷たくしても暖かくしても飲むことができるので、自分に合った飲み方を見つけていく必要がありましたよね。
もし、どうしても口に合わないようであれば錠剤タイプの方が飲みやすくてお勧めです。

どの種類の『白井田七』を飲むにしても、飲むお勧めのタイミングは以下の3点でした。

・朝一番
・夕食前
・寝る前

なるべくなら空腹時に飲んだ方が吸収効率が良くなるため、このようなタイミングになりました。

また、飲み忘れをしないためには、以下の3点が重要なコツでしたね。

・家族と一緒に
・食事に合わせて
・アラームを使って

そして『白井田七』で血圧低下を目指すのであれば、以下の3つの食品を一緒に食べましょう。

・納豆
・ほうれん草
・大豆食品

それぞれの食品に含まれる健康成分が『白井田七』の健康効果を強力にサポートしてくれます!

今回学んだことを踏まえて、栄養素たっぷりな『白井田七』をぜひ試してみてくださいね!
錠剤タイプ、お茶タイプ、健康ドリンクタイプの3種類が用意されているので、自分にとって飲みやすく、継続しやすいタイプを選んでいきましょう!

 

投稿日:

Copyright© 【血圧が高めの方のタブレットの口コミ・効果】 初回限定980円 最安値で購入する方法や解約方法も解説! , 2019 AllRights Reserved.