健康の悩み

高血圧だけじゃない!意外と知られていない低血圧の危険性

更新日:

健康番組や健康を扱う雑誌などで必ず話題となる高血圧。

皆さんも気になりますよね。実際、私の周りにも高血圧に悩んでいる人が

多く、処方された薬を飲んでいたり、食生活や生活習慣の改善に努めている。

そんな方が少なくありません。

では、低血圧はどうでしょうか?。

低血圧って、あまり話題にされませんよね。

あまり,危険視されていないように思います。

いいえ。侮ってはいけません。低血圧も命を落とす危険性があります。

私も低血圧の一人です。今回は低血圧について考えていきたいと思います。

一般的に低血圧とは「上の血圧値が100㎜hg未満」というのが目安のようです。

男性に少なく、女性に多いようです。原因は不明。

本態性低血圧(体質性低血圧)

常に低血圧な状態。冷え肩こり、疲労感、動機、息切れ、胸やけなど症状はさまざま。

起立性低血圧

横になっていたり、座っている状態から起立するときに、ふらつき、めまい、

頭痛、ぼやけ、しびれ、気が遠くなることがある。

食後性低血圧

食後、めまい、ふらつき、失神などの症状が現れる。高齢者やパーキンソン病、

糖尿病、高血圧にもあらわれる。

神経調節低血圧

長時間立っている時に症状がでる。小児や若年性成人に多い。

 

こうやって調べていると「あるある」ばかりで驚きます。

私の体験を振り返ってみると・・

・周りから血色が悪いとよくいわれる。

・献血に行って低血圧だったため断られた。

・運転中に一度だけ周りがキラキラして見えなくなった。

・すぐ立ち眩みをする。

・暑いとすぐ気持ち悪くなる。

・出産時、貧血でしびれめまいがでてしまい酸素マスクをした。

当たり前だと思っていた症状が低血圧によるものだとは

考えもしませんでした。自分が年を重ねていく間でめまいや

貧血、失神などで倒れたら・・打ち所が悪かったら・・

最悪の事態になってしまいます。

低血圧で気を付けること。その改善策。

・急に立ち上がらず徐々に血流、心拍数をあがてから立ち上がる。

・立ちっぱなしを避ける。

・規則正しい生活を心がける。

・栄養を意識した食生活。

・適度な運動をする。

いかがでしたか? 自分も同じという方もいたのではないでしょうか?

同じような経験をされていたら、それは、低血圧が原因かもしれません。

まずは、健康的な生活、食事を心がけてみましょう。普段の生活を心がけるだけで症状が改善されるのではないでしょうか。

心配なら一度、医療機関に受診してみてくださいね。。

低血圧ではなく、高血圧が心配な人で病院に行くほどでもない。そんな人は高血圧サプリである、血圧が高めの方のタブレットをおすすめします。

血圧が高めの方のタブレットの口コミ情報などを当サイトでもまとめてみたので見てみてください。

-健康の悩み

Copyright© 血圧が高めの方のタブレットの口コミと最安値で購入する方法!効果や安全性も徹底解説! , 2018 AllRights Reserved.