【血圧が高めの方のタブレットの血圧改善効果とは?】 ヒハツは血圧対策に本当に効くの?

「最近血圧が高くてお医者さんに注意される・・・」
「生活習慣を直そうにも長く続かない・・・」
「高血圧は怖いけど苦労しないで改善したいな・・・」

血圧が高いと様々な病気のリスクがあり、出来るだけ早いうちに血圧を安定させて血流を改善したいところです。

そんなとき、1日1粒で血圧対策できるサプリが開発されました。
それが、『血圧が高めの方のタブレット』です!

『血圧が高めの方のタブレット』とは?

『血圧が高めの方のタブレット』は、1日1粒飲むだけで高い血圧を改善し正常な血圧を維持し続けるために、製薬会社大手の大正製薬によって開発された機能性表示食品です。

消費者庁で認可されたというお墨付きの"機能性表示食品"なので、安全性や信頼性は国の規定に沿っているという目安にもなります。

しかし、『血圧が高めの方のタブレット』は本当に血圧の安定に効果があるのでしょうか?

そこで、なぜ高血圧の症状が出てしまうのか、高血圧になってしまった場合の弊害を分かりやすく解説したうえで、
『血圧が高めの方のタブレット』の中にはどのような成分が含まれ、その成分がどのように体に作用していくのかを検証していきます!

そもそも高血圧ってどういう状態?高血圧になってしまう原因とは

一口に「高血圧は良くない」ということはやんわりと理解している私たちですが、そもそも「高血圧ってどういう状態なの?何がいけないの?」と聞かれてしまうと、血圧が高いこと・・・?という漠然な説明しか思いつかない方も多いのではないでしょうか?

まずは高血圧の原因・症状・それによって起こってしまう問題をさらっとおさらいしてみましょう^^

高血圧症とは

まず、血圧とは何のことを言うのでしょうか?
血圧とは、心臓から送られる血液が血管の壁を押す圧力のことです。

この血液を送る際に血管の壁にかかる圧力が低すぎることを「低血圧」、強すぎることを「高血圧」と呼びます。

血管の壁を押す圧力が弱いと、全身に十分な血液が行き渡らず、細胞が十分な酸素・栄養を受け取れず、体の老廃物も上手く処理できなくなってしまいます。(低血圧)

逆に、血管の壁を押す力が強すぎると、血管壁がストレスを感じて次第に硬く厚くなってしまいます。
血管壁が硬く厚くなると、血管の内壁が狭くなり、次第に血液が流れにくくなりこれまた細胞に十分な栄養が行き渡らなくなって、体の老廃物も上手く処理できなくなってしまいます。
これが高血圧です。

血圧は、低すぎても高すぎても体に悪影響を及ぼしてしまいます。

特に高血圧は実質的に血管にダメージを与えて狭めてしまっているので、動脈硬化につながり、十分な血液が行き渡らなくなるため様々な臓器不全を起こす可能性があります。
それだけではなく、血管内部が狭くなることで、血栓などが出来てしまったら血流が詰まりやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞など、生命の危険に関わる深刻な症状を起こしてしまう可能性もあるのです。

高血圧の原因とは?なぜ起こってしまうの?

高血圧になってしまう原因は遺伝的要素も含まれています。

しかし、一般的には下記のような流れで高血圧になってしまいます。

①血管壁に血流の圧力が加わると、その圧力に対応するため血管そのものが厚くなる
②厚くなった分空間が狭くなるので、さらに血流の圧力がかかりやすくなってしまう
③血液中に含まれる悪玉コレステロールや脂肪が多いと、血液壁に入り込んでさらに壁を厚くし、空間を狭めてしまう

この①~③の高血圧の悪循環のサイクルが慢性化することによって、カラダにさまざまな障害や症状が起こってしまうのです。

この高血圧になってしまう原因としては、日々の生活習慣が大きく影響しています。
運動不足や睡眠不足、食生活、ストレス、喫煙などなど・・・
日々の生活習慣によって、高血圧になってしまうリスクは誰にでも起こりうるものなのです。

特に几帳面な性格の人は通常よりもストレス(心的要因)を抱えやすい傾向にあるため、高血圧にもなりやすいとも言われています。

生活習慣以外で高血圧になってしまう原因①

前述で日々の生活習慣の不摂生・ストレスが高血圧の原因になってしまうと記述しましたが、日々の生活以外でも高血圧になってしまう要因があります。

それは「更年期障害」です。
更年期に高血圧になってしまうことを「更年期高血圧」と呼びます。

主に女性に多く発症される更年期障害ですが、なぜそれで高血圧になりやすくなってしまうのでしょうか?

更年期障害による高血圧は、女性ホルモンの一つであるエストロゲンが減少し、ホルモンバランスが崩れ血圧をコントロールしている自律神経が乱れることで起こるとされています。

今まではどちらかと言えば低血圧気味で血圧の心配をしていなかった人でも、更年期に差し掛かると一気に血圧が上がっていて驚いてしまう人も多いそうです。

「更年期高血圧」の原因には肥満や運動不足など、いわゆる生活習慣の不摂生も含まれていますが、どんなに気を付けていても年齢を重ねてホルモン分泌機能が低下するだけで高血圧になってしまうという"不可抗力"の事態になってしまうこともあるのです。

生活習慣以外で高血圧になってしまう原因②

「更年期高血圧」以外でも、やむを得ない状態で高血圧症状になってしまう原因があります。
それは女性の「妊娠」です。

妊娠20週以降~分娩後12週の間に、高血圧、あるいは高血圧と蛋白尿の症状がみられる場合は、「妊娠高血圧症候群」と診断されます。

妊娠20週以降~32週未満で発症する場合は「早期型」
妊娠32週以降での発症を「遅発型」と呼称されます。

この妊娠高血圧症候群は、早期型の方が重症化しやすい傾向にあり、注意が必要です。
昔は「妊娠中毒症」と呼ばれていましたが、現在は「妊娠高血圧症候群」と呼ばれるようになりました。

妊娠高血圧症候群の症状で、もっとも有名なのは、高血圧と蛋白尿です。

日本産婦人科学会によると、妊娠中の場合は、収縮期血圧(最高血圧)が140mmHg以上、拡張期血圧(最小血圧)が90mmHg以上の場合に、妊娠高血圧症候群と診断されます。

なお、妊娠前から高血圧状態だった場合は「高血圧合併妊娠」と呼ばれ、「妊娠高血圧症候群」とは別に分けられています。

妊娠高血圧症候群の合併症

妊娠高血圧症候群によって様々なカラダの不調が出てきてしまいますが、最もの恐ろしい点は高血圧による合併症のリスクです。
妊娠高血圧症候群にかかってしまうと、母体にも胎児にも影響を及ぼす様々な合併症を発症してしまうリスクが高まります。

妊娠高血圧症候群による合併症とは、どのような症状ががあるのでしょうか。

子癇(しかん)

子癇とは周産期に妊婦または褥婦が異常な高血圧と共に痙攣または意識喪失、視野障害を起こした状態です。
子癇発作とも呼ばれます。

前兆として、頭痛、みぞおちの痛み以外にも、目がチカチカする、視界が狭くなるなどの視覚障害をおこす場合が多いようです。

痙攣が収まらない場合は、母体や胎児を守るために、緊急帝王切開になるケースもあります。

HELLP(ヘルプ)症候群

HELLP症候群とは、溶血(血液中の赤血球が壊されること)があり、肝臓の機能が低下し(肝酵素の上昇)、血小板が減少する病気です。

妊娠の後期から分娩後に発症しやすい疾患です。

主な症状としては、吐き気、嘔吐、みぞおちの痛み、疲労感などがあります。

これらの症状は、風邪や単なる体調不良として見過ごされ、受診が遅れて重症化するケースもあるので、注意が必要です。

悪化すると多臓器障害や、血液の凝固障害をおこすこともあります。

常位胎盤早期剥離

通常、胎児のお布団である胎盤は出産後に子宮から剥がれて出てくるものです。

その胎盤が、子宮の正常な位置にあるにも関わらず、赤ちゃんがまだお腹の中にいる間に剥がれてしまうことが常位胎盤早期剥離です。

常位胎盤早期剥離は大変危険な状態で、胎児にも母体にも命の危険性のある疾患ですので、早急な対処が必要になります。

『血圧が高めの方のタブレット』は妊婦が飲んでも大丈夫なの?

『血圧が高めの方のタブレット』は機能性表示食品で医薬品ではありません。

『血圧が高めの方のタブレット』のカスタマーセンターに問い合わせてみたところ、
「安全のためにもかかりつけの産婦人科医と相談の上で飲用してください」と回答をいただきました。

妊娠中はさまざまな薬の服用にも制限がかかってしまうので、もし医師の許可が出るようであれば、『血圧が高めの方のタブレット』を服用して高血圧対策をするのもいいかもしれません。

高血圧対策なら、『血圧が高めの方のタブレット』が断然おススメ!その理由とは?

生活習慣を正すことは勿論大切ですが、更年期や妊娠など、体の変化に伴う致し方ない高血圧もあるので、生活習慣を正すだけでは必ずしも改善されない可能性もあります。

そこで、高血圧を改善して健やかな血圧を保つ『血圧が高めの方のタブレット』がおススメです!

『血圧が高めの方のタブレット』は血圧低下に特化したサプリ

引用:『血圧が高めの方のタブレット』公式サイト

『血圧が高めの方のタブレット』は、独自に特許を取得した「ヒハツによる血圧改善作用」を利用し、高血圧の悩みを改善する為に開発された機能性表示食品です。

開発元である大正製薬が正常高値血圧者ならびにⅠ度高血圧者を対象に臨床研究をした結果、この『血圧が高めの方のタブレット』に含まれている「ヒハツ由来ピペリン」が、わずか1~2週間で高めの血圧を改善し、摂取を続けることで正常な血圧を維持する効果がみられました。

また、飲むのをを辞めてしまうと、血圧の数値が摂取前の数値付近に上がり戻りました。

『血圧が高めの方のタブレット』に含まれている「ヒハツ由来ピペリン」は、高い血圧を改善する効果が実証されたのです。

『血圧が高めの方のタブレット』は初回限定・定期購入の価格が安い!

『血圧が高めの方のタブレット』は高血圧の悩みを改善するサプリメントですが、
初回限定価格が500円と他の高血圧対策サプリメントと比べても破格のお値段。

2回目以降も定期購入なら定価価格の10%OFFが適用され、ずっとお得なお値段で利用することができます。

『血圧が高めの方のタブレット』は続けることで血圧の安定を保ち続けられるので、コストパフォーマンスが良ければ良いほど続けやすいですよね。

『血圧が高めの方のタブレット』は飲み方も1日1粒で簡単!

「高血圧に効果が高いのは分かったけど飲み方が面倒だったら続けにくいな・・・」と思う方もいるかもしれません。
通常の薬のように「1日3回食後」のような飲み方だと1日の内に一回は忘れてしまう・・・なんてこともあると思います。

しかし、『血圧が高めの方のタブレット』は1日1粒だけで大丈夫なのです!

1日1粒だけでいいなら、毎日忘れにくいですし、何より気軽で続けやすいですよね。
お値段も安い上に手軽な飲み方で長く続けることができるので、
『血圧が高めの方のタブレット』はとても親切な血圧対策サプリメントと言えるでしょう。

『血圧が高めの方のタブレット』の原材料・成分解説

高すぎる血圧をおだやかにして血圧の安定を図る機能性表示食品である『血圧が高めの方のタブレット』

『血圧が高めの方のタブレット』にはどのような成分が配合されていて、それぞれがどのような効果をもたらすのでしょうか。

ちょっと聞きなれない言葉が多いかもしれませんが、化学が苦手な方でも分かりやすいように解説しますね^^

『血圧が高めの方のタブレット』の商品情報

機能性表示食品 届出番号B183
商品名 血圧が高めの方のタブレット(粒タイプ)
届出表示 本品にはヒハツ由来ピぺリンが含まれています。ヒハツ由来ピぺリンには、血圧低下作用により血圧が高めの方の血圧を改善し、正常な血圧を維持する機能があることが報告されています。
一日摂取目安量 1日1回1粒を目安にお召し上がりください。
摂取の方法 1日摂取目安量を、噛まずに水またはお湯でお召し上がりください。
保存方法の注意 開封後は、チャックをしっかりと閉じてお早めにお召し上がりください。
摂取上の注意 多量に摂取することにより、より健康が増進するものではありません。一日摂取目安量を守ってください。乾燥剤は誤って召し上がらないでください。
名称 ヒハツ抽出物含有食品
原材料名 ヒハツ抽出物(デキストリン、ヒハツエキス)、還元麦芽糖水飴/結晶セルロース、カルボキシメチルセルロースカルシウム、微粒酸化ケイ素、ステアリン酸カルシウム
栄養成分表示(推定値)
[1粒(300mg)当たり
熱量
1.11kcal
たんぱく質
0.002g
脂質
0.002~0.005g
炭水化物
0.27g
食塩相当量
0.00027g
機能性関与成分
ヒハツ由来ピぺリン : 90μg
内容量 9g(300mg×30粒)
保存方法 高温、多湿及び直射日光を避けて保存してください。
販売者 大正製薬株式会社 東京都豊島区高田3-24-1

引用:『血圧が高めの方のタブレット』公式サイト

『血圧が高めの方のタブレット』の原材料解説

ヒハツ抽出物(デキストリン、ヒハツエキス)

【デキストリン(澱粉分解物)】

デキストリンとは、デンプンまたはグリコーゲンの加水分解で得られる低分子量の炭水化物の総称です。
簡単に言うとデンプンです(バッサリ)

中でもアレルギー症状を改善する作用が期待されている「難消化性デキストリン」。
もともとはトウモロコシのデンプンから作られました。
消費者庁からは特定保健用食品(トクホ)の関与成分としても許可されています。

米国FDA(食品医薬品局)は、1日の摂取量の上限値を明確に定める必要がないほど、安全な食品素材であると認めています。

【ヒハツエキス】

ヒハツとは、東南アジア発祥のコショウ科の植物です。
主にインドや中国などの国で香辛料として利用されています。
日本の沖縄でもヒハツの親戚「ヒハツモドキ」がよく利用されていて、ソーキそば等の沖縄料理の調味料としても使われているんですよ^^

このヒハツの辛み成分である「ピペリン」(ヒハツ由来ピペリン)は体内に入ると一酸化窒素の合成を促す酵素を活性化させ、血管を広げる作用があり、血管が拡張することで血流をスムーズにし、血圧の低下や新陳代謝を上げる効果があります。
他にもヒハツを摂取することでむくみやシワ、認知症などのを予防・改善する効果も期待されています。

副作用はありませんが、過剰摂取をしてしまうと目の充血や頭痛などが起こってしまった症例が報告されています。
用法用量を守って利用すれば、安全な成分です。

ちなみにいうと、ヒハツの唐辛子を食べる分には新陳代謝を上げる効果は見込めますが、血管が広がるには至りません。

還元麦芽糖水飴/結晶セルロース

【還元麦芽糖水飴】

還元麦芽糖とは、大麦を発芽させてできる麦芽糖(マルトース)を還元したもの。
別名「マルチトール」とも呼ばれていて、よくガムなどに含まれている「キシリトール」と同じ糖アルコールの仲間です。

摂取しても小腸ではほんの10~20%ほどしか吸収されず、大腸でビフィズス菌を活性化させた後体外に排出されます。
体にとってはいいことしかない安全な成分です!

【結晶セルロース】

樹木から採取したウッドパルプや綿実から採取したリンターパルプを加水分解して精製したものを再結晶させてつくったセルロース。
それが「結晶セルロース」です。
要は木の成分を分解・精製してまた固めたものですね(適当)

給水はしますが水に溶けない粉末で、主に成分の結合剤やスクラブ剤を作る際の粘度の調整とを目的として使用されています。

この結晶セルロースは安全性の高い食品添加物の一種で、皮膚刺激性・眼刺激性・アレルギーの報告もないため、健康食品・加工食品以外にもパウダー化粧品やスキンケア化粧品、洗顔料など、多くの品物に含まれています。

カルボキシメチルセルロースカルシウム


カルボキシメチルセルロースは、紙を作るときの原料(パルプ)に化学薬品を混ぜて抽出される水溶性の高分子です。
天然成分ではないのですが、毒性やアレルギー性もなく比較的安全な成分と言われています。

カルボキシメチルセルロースが配合されている目的は、歯の表面の汚れを落としたり口の中の細菌を除去する粉の基本剤と研磨剤や、歯磨き粉に湿り気を持たせてクリーム状の形にする保湿剤が分離しないように適度な粘度感を与えるために粘度剤として配合されています

とろみや粘り気を出す効果があるので、『血圧が高めの方のタブレット』に入っているカルボキシメチルセルロースカルシウムは増粘剤としてアイスクリームに使われたり、豆腐の凝固剤としてもよく使われていますよ^^

微粒酸化ケイ素


微粒酸化ケイ素は被覆効果があり吸湿性が大きいため、いわゆる食品添加物の「乾燥剤」として利用されています。
副作用はなく、食べても人体に害はありません。

主にサプリメントの変質を防ぐために配合されているので、微粒酸化ケイ素が配合されらサプリメントは賞味期限が長く、品質を長く保ったまま摂取することができます。
つまり『血圧が高めの方のタブレット』は、劣化しにくく安全に摂取ができるサプリメントと言えますね♪

ステアリン酸カルシウム


ステアリン酸カルシウムとは、ステアリン酸とパルミチン酸が主成分となるカルシウム塩。

粉末状の製品の滑沢性や流動性付与、固結防止の作用があり、ほかにも製品組織の乳化や増粘安定を目的として入れられています。
要はサプリメントにたくさん入っている成分をまとめて、飲みやすくする為に配合されているわけですね。

体内に吸収されることはほとんどない安全な成分なので、妊娠中におススメされる葉酸サプリや、その他サプリメントなどにもよく配合されています。

『血圧が高めの方のタブレット』は高血圧に効果的!ヒハツが高血圧を下げるメカニズムとは

『血圧が高めの方のタブレット』は高血圧を穏やかにし、安定した血圧を保つように構成されています。
その秘密は『血圧が高めの方のタブレット』サプリに含まれているヒハツエキス(ヒハツ由来ピペリン)です。

『血圧が高めの方のタブレット』に含まれている「ヒハツ由来ピペリン」という成分はどのように体に作用し、血圧を健やかにしてくれるでしょうか。
そのメカニズムを検証していきましょう。

そもそもヒハツとは?

ヒハツとは東南アジアに分布するコショウ科の植物です。
果穂は多肉質の円筒状で、ブラックペッパーと異なる辛みと香りを持ち、乾燥物は香辛料として利用されています。

沖縄地方では近縁種のヒハツモドキを「ひはち(ふぃふぁち)」と呼び、琉球料理の薬味として利用されています。(ソーキそばなど)

中国やインドでは昔から用いられており、また、奈良の正倉院には、庸から送られてきた薬物として、ヒハツが現存しています。

『血圧が高めの方のタブレット』の秘密は「ヒハツエキス」!ヒハツ由来ピペリンの力で高血圧を改善!

引用:血圧が高めの方のタブレット公式サイト

高血圧対策のサプリメントは他にも販売されていますが、『血圧が高めの方のタブレット』は独自に特許を取得した「ヒハツによる血圧改善作用」で他のサプリメントと差別化を図っています。

『血圧が高めの方のタブレット』に含まれているのはヒハツから抽出された「ヒハツ由来ピペリン」。

この「ヒハツ由来ピペリン」を摂取すると、血管内でヒハツ由来ピペリンの作用でNO(一酸化窒素)の働きが増強され、血管が拡張子、血流がスムーズになることで血圧が下がることが報告されています。

つまり、この「ヒハツ由来ピペリン」の働きによって、血圧を健やかするのです。

さらに、ヒハツ由来ピペリンには副作用がありません。
その上、科学研究では1~2週間で血圧を下げるという検証結果も報告されています。

安全で尚且つ血圧改善効果が現れるのも早いという素晴らしい成分「ヒハツ由来ピペリン」

大手製薬会社大正製薬は、この「ヒハツによる血圧改善効果」の特許を取得し、『血圧が高めの方のタブレット』を開発しました。

つまり、現状血圧改善の為にヒハツ由来ピペリンが使用されているのは『血圧が高めの方のタブレット』を含む大正製薬の製品のみなのです!

『血圧が高めの方のタブレット』と同じ効果は食品で得られるの?血圧を穏やかにする食品を紹介!

『血圧が高めの方のタブレット』はヒハツから抽出された「ヒハツ由来ピペリン」によって血圧改善を図る機能性表示食品です。

ピペリンとは、ヒハツや胡椒に含まれている辛み成分の一つです。
ピペリンは体内に入ると一酸化窒素の合成を促す酵素を活性化させる働きがあります。

でもヒハツが香辛料として広く利用されているなら、香辛料を定期的に使って食事をするだけで血圧が下がるのでは?
と考えた方もいるかもしれません。

しかしそれはおススメできません。

なぜなら、唐辛子だけでは「新陳代謝を上げる効果はあるが、血圧を下げる作用はない」とされています。
仮に血管を広げる作用が働いても、一時的な効果で終わってしまいます。

しかし、唐辛子は新陳代謝を高めて体をじわじわと温めてくれる効果があるので、血圧は下がりませんが、カラダの冷えを改善する為に利用するのは有効的でしょう。

高い血圧を穏やかにする目的で「ピペリン」を摂取したいなら、成分のみをしっかり抽出した状態のもの(サプリメント)を摂取することが望ましいです。

【高血圧サプリと併用で効果アップ!】血圧を穏やかにする効果のある栄養・食品

『血圧が高めの方のタブレット』と同じ効果を得るための食品はありません。

しかし、『血圧が高めの方のタブレット』と併用して摂取することで、血圧改善の効果をアップする栄養素・食品があります。
その代表的なものを紹介しますね^^

DHA・EPAが含まれている食品

DHAは、血管や赤血球の細胞膜を柔らかくする作用があり、これによって血流を良くする働きがある栄養素です。

EPAは、血小板凝集抑制作用によって血栓をつくらせないので、その働きによって血流を良くします。

血流が良くなることで、結果的に血圧を下げる効果が期待されています。
主にまぐろ・さば・いわしなどの魚に多く含まれている栄養素です。

DHA・EPAは酸化しやすい性質をもっているため、摂取する場合は鮮度が非常に重要になってきます。
DHA・EPAをより多く摂取したい場合は、干物など時間が経過している形態ではなく、お刺身など新鮮さを重視した食べ方が効果的です。

<含まれている食品>まぐろ、さば、いわし、さんま、ぶり、鮭 etc…

カリウムが含まれている食品

カリウムは体内で不要になった塩分(ナトリウム)や水分を排泄する働きのある栄養素です。

血圧が上がる原因には「塩分過多」もあげられているので、血圧を安定させるためにも塩分を排出してくれるカリウムを摂取することはとても重要です。

しかし、カリウムは腎臓の機能が低下していると上手く排泄されず、「高カリウム血症」になってしまう可能性もあります。
腎臓の機能に障害がある場合は、医師からカリウムの摂取を制限されることもあります。

<含まれている食品>魚、牛乳、果物類、豆類、野菜類
ほうれん草やバナナ、納豆、ひじき、パセリ、アボカド、納豆、ほうれん草、山芋、ゆで大豆、里芋、バナナ、メロン、キウイフルーツ etc…

食物繊維が含まれている食品

食物繊維といえば、腸の働きを促し美容に良いというお馴染みのイメージがありますね^^
実は食物繊維は高血圧にも効果があるんですよ。

食物繊維の中でも水溶性食物繊維に含まれているアルギン酸は、カリウムと同じく塩分(ナトリウム)を体外へ排出する作用があります。

しかし水溶性食物繊維は栄養が水に溶けだしてしまう性質があるので、調理の際に野菜を茹でた汁などを捨ててしまうなどしてしまうと、せっかくの栄養が流されてしまいます。
スープにして食べるなど、食品の栄養を損なわない食べ方を工夫してみましょう。

<含まれている食品> ごぼう、納豆、きんかん、オクラ、芽キャベツ、インゲン豆、菜の花、モロヘイヤ、なめこ etc…

もともと健康に良いというイメージが強いお酢ですが、論文によると「一日18mlの食酢を摂取する血管拡張作用により血圧低下の効果が見込まれる」と記述されています。

実際に臨床実験で、8週間にかけて15mlの食酢を摂取したところ、なんと10mmHgも血圧が低下したという実験結果が報告されています。

15~18ml程度なら、大匙一杯分のお酢で十分ということなのでかなり手軽ですね。

ですが、空腹時にお酢を過剰摂取してしまうと、胃痛になってしまう可能性があります。
カラダに良いからと言っても過剰摂取をしてしまったら逆効果になりかねません。
摂取する場合は多くても1日30ml以下に抑えるように気をつけましょう。

オリーブオイル

オリーブオイルには抗酸化作用を持つポリフェノールやビタミンAが含まれています。
これらの栄養素が体内の活性酸素を除去することで動脈硬化や高血圧を予防してくれるのです。

ある臨床実験で、高血圧の治療と併行してオリーブオイルを加えた食事療法を実施したところ、血圧の改善が得られたという実験結果がでました。

オリーブオイルはドレッシングだけでなく炒め油にもお菓子にも使えるので、いろんな料理法で活用してみてはいかがでしょうか^^

更新日:

Copyright© 血圧が高めの方のタブレットの口コミと最安値で購入する方法!効果や安全性も徹底解説! , 2018 AllRights Reserved.